遺言書を書いておきたい

近年、遺言書を残す方が増えています。
以前は何か特別なものという感じでしたが、現在ではかなり一般的な身近な存在となってきています。
しかし、いざ書こう思い立っても「どう書けば良いのか?」、書いてはみたものの「これで本当に良いのか?」と疑問が残るものです。
このような場合は、行政書士をはじめとする専門家に相談してみてはいかがでしょうか?多くの疑問や悩みを解決でき、安心して頂けると思います。

有効な遺言書とは?

遺言書の書き方には一定のルールがあります。
これを無視してしまうと、せっかく書いた遺言書が無効(書いていないのと同じ)となってしまいますので注意が必要です。
また、記載できる内容も限定されており(財産関係、身分関係、相続関係)、書いたもの全てが有効となるわけではありません。
このようなルールの中で、しっかりとご家族への思いを書き残すためには、ある程度の専門知識がないと難しいと言わざるを得ません。

遺言書がトラブルの原因になることも?

家族への思いを込めて書いた遺言書が、その思いとは裏腹にトラブルの火種になることも少なくありません。
特に主な財産が居住している不動産(土地・建物)のみという場合や、特定の人に多くの財産を残したい場合は注意が必要です。
また、相続税のことを考えておかないと、財産を相続をしたご家族に大きな負担を強いる結果となるケースもあります。

遺言書に雛形は存在しません

遺言書は本人の「最後の意思表示」と言われます。
一人一人、考え方も違えば家族構成も異なりますし、持っている財産も同じではありません。
従って、遺言書に雛形は存在しません。遺言書は愛するご家族や知人へ愛情を込めて書くものですから、全てオリジナルのものであり、全く同じ内容の遺言書は存在しないはずです。

当事務所が選ばれる3つのポイント

その①お客様が納得されるまでお付き合い致します

当事務所はお客様のご希望をヒアリングし、法的に有効な形で遺言書を作成するサポートをいたします。
資産の状況によってはお客様のご希望通りにはならない場面が出てきますが、そんなときでも当事務所はお客様のご要望を第一に考え様々な提案をさせていただいております。
専門用語は極力使わず丁寧な説明を心がけていますが、お客様が納得いく内容になるまで何度でもご相談ください。

その②お宅まで訪問致します

高齢により外出が難しいという方もご安心ください。
当事務所はお宅への訪問を基本姿勢としております。時間帯も柔軟に対応しますので、通院やデイサービスの時間を避けてご都合の良い時間を教えてください。
もちろん交通費は無料ですのでご安心ください。

その③作成後一年間は何度でも書き直しに応じます(無料

遺言書の作成後「やっぱりああしとけば良かったかな?」と思うこともあります。
そのようなときは遠慮なさらずお電話ください。作成後一年間は無料で書き直しのお手伝いをいたします(公正証書で作成する場合の公証役場への手数料は必要です)
(お問合せは無料→お問合せはコチラ

コメントは停止中です。