飲食店を開業したい

独立・開業で特に多いのが飲食業です。ご自分の趣味嗜好を生かし、行列ができるほどの繁盛店に成長することも珍しいことではありません。
しかし、素晴らしいアイデアや腕を持っていても「書類が苦手」とおっしゃる方が大勢います。
当事務所では、このような方々が開業に向けて集中できるように、役所へ提出する申請書類の作成を行っております。

必要な法的手続き

飲食店営業を規制する法令は多岐に渡ります。
食品衛生法・条例はもちろんのこと、営業内容によっては風営法の規制を受けます。これらを理解して申請書類を作成しないと、役所の窓口で断られてしまうことになり、ただでさえ忙しい開店準備中なのに大変な労力と時間を無駄にしてしまうことになります。

お店を継続させていくためには?

「自分のお店をオープンさせたい!」という夢が叶っても、一番大切なのはお店を継続させていくことではないでしょうか?
そのような中、多くの飲食店のオーナーさんを日々悩ませるのが帳簿付け(会計記帳)です。
仕入れ、売上、光熱費、人件費などなど、伝票をチェックしながらの作業を苦手にしている方は大勢いらっしゃいます。
当事務所では、この会計記帳業務を代行するサービス(個人事業者であれば10,500円~/月)も行っておりますので、お困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

お店が軌道に乗ってきたら

お店が軌道に乗り安定した利益が出るようになったら、次に考えなければならないのが「法人化」です。
このまま個人事業として続けるのか?それとも会社にして運営していくのか?判断に迷う場面がやってきます。
当事務所では会社設立業務も行っていますので、判断に迷ったらお気軽にお問い合わせください。

(お問合せは無料→お問合せはコチラ

コメントは停止中です。